2017年01月31日

2017 ペガサスワールドカップ レース回顧

 ここでは、日本時間の29日朝に行われた、世界最高賞金レースとなったペガサスワールドカップを振り返ってみようと思います。
 アロゲートとカリフォルニアクロームの二強の再激突で戦前から大きな話題を呼びましたが、蓋を開けてみるとアロゲートが圧勝、カリフォルニアクロームは惨敗という両極端な結果に終わってしまい、世代交代を更に強烈に印象付けることになりました。

 レース映像は[こちら](https://www.youtube.com/watch?v=dFlfNhfyzyI)になります。

 レースラップは映像内にも出ていますが、改めて拾ってみると、23,46-22,68-23,66-24,10-13,71=1,47,61という、いかにもアメリカンな強烈な消耗戦になっており、特に3~4F目、2コーナー過ぎから前が更に加速しているのはえげつない推移でした。

 勝ったアロゲートは1番枠から、やはり出足の懸念があったのか、鞍上が出鞭を入れて促すところも見せ、なんとか二列目のポケットを確保して枠の利を生かす形に持ち込んでいきます。
 一方のカリフォルニアクロームは、いつもの鋭い二歩目の出足がやや影を潜めた感じで、外から先団に取りついていくもののハナ争いには加われずに二列目の外、奇しくもアロゲートと横並びでレースに入っていく形になります。

 結果的に、カリフォルニアクロームはレース後に故障が発生していた、というアナウンスがありましたが、純粋に序盤の立ち回りにもこの馬らしい覇気が感じられず、馬が自分の状態を理解していたのかな?と思わせるレース運びで、ペースが上がった向こう正面で、フラットに追走できているアロゲートに対し、鞍上が必死に促す動きを見せていたのも、明暗のコントラストとしてくっきり浮かび上がっていましたね。
 ともあれあの形になって、3コーナー入りの地点で前の動きに呼応して、カリフォルニアクロームがアロゲートの進路を閉じるようなレースが出来れば本当に面白かったのですが、残念ながらそれは叶わず、既に3コーナーで手応えが怪しくなって後退、その結果として一気にアロゲートのビクトリーロードが目の前に開かれます。

 元々カリフォルニアクローム以外の馬とは実力が違い過ぎるので、コーナーで外々を押し上げる形でも余裕綽々、余力充分で、4コーナー途中で早くも先頭に立ったアロゲートは、そこからもしっかり脚を伸ばしてセーフティ、ラストはラップ的には落としているものの、残り100mくらいで手綱を抑える余裕を見せていたので、その気になればもっと差は開いたし時計も詰められたイメージは鮮烈に残りました。
 このレースを見た印象でも、追走力的な余裕を踏まえると1800mよりは2000mの方がより強い、とは思うのですが、それでもなまじの馬の追随は決して許さない暴力的な持久力を、改めてここでも見せつけた格好ですね。本当に強い馬です。

 2着のシャーマンゴーストも、カリクロがこけたなら順当、ですし、道中ペースが上がったところで抑えて、後半減速戦になったところで押し上げる理想的な立ち回りも出来ていましたね。
 とはいえ、ラスト流してるアロゲートに対してもほとんど微差しか詰められていない、という時点で絶望的な能力差はありますし、まあしばらくはアロゲートの単独政権が続く形になりそうです。むしろこのあたりの牡馬よりは、ソングバードの方が強いんじゃないかな?とは思うのですが、それでもちょっとアロゲートは規格外ですね。

 ここまで無理使いされていない馬ですし、今後どういうローテーションでその強さ、輝きを見せてくれるのか、本当に楽しみです。
 そしてカリフォルニアクロームも、最後は残念な結果になったとはいえ、無事に現役生活を終えることが出来て不幸中の幸いでした。生産界的にはそこまで前評判は高くなさそうですが、その韋駄天ぶりを産駒に伝えていって欲しいですね。 
posted by clover at 04:18| Comment(0) | レース回顧・海外競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする