2017年01月21日

2017 東海S・AJCC レース回顧

 うーん、今日は中々に三場ともに荒れ模様でしたね。それぞれに要因はありますが、やはり競馬は難しいですし、そもそも展開を当てるのが非常に難しいですねぇ。
 今日はこの後錦織フェデラー戦が見たいので、ちょい簡潔にサクサクと進めていきます。

**★東海S**

 ショウナンアポロンがハナを取り切り、スローに落としてのレース。
 重い馬場とはいえ、ラップは38,1-38,0-37,1=1,53,2と、このクラスのダート戦ではかなりのスローペースに分類できると思いますし、一応向こう正面残り1000mから12秒半ばまで引き上げられてはいるのですけど、それでもまだ緩い中で、更に直線向いてのもう一段の加速が求められた、という形で、スムーズなレース、ポジションを取れた馬で、後半ブレーキをかけずに、という形が理想的ではありましたね。

 勝ったグレンツェンドはスタートでやや後手も、流れが緩い中でじわっとポジションを自然に上げる形で中団を確保し、向こう正面ではやや外目に持ち出してアスカをマーク、被されない位置から早めに動きだして、アスカをブロックするような進路取りでコーナーに入っていきます。
 そこから4コーナーでは一番外を回した分差は詰められないものの、しっかり勢いは乗せて直線、最速地点の坂の上り12,0のところではやはりジリっとしか詰め切れないものの、そこから前が12,7と落としたところでしぶとく食らいつき、待望の重賞制覇を成し遂げました。

 結果的にこのレースが典型的なスローロンスパになった中で、自分から動ける位置を取れていたのは強みでしたし、これでもし馬場が軽くて、前がL2でもっと切れる脚を使ったり、L1まで落とさない競馬を展開したら届かないのでしょうが、相対的に馬場が重くてラストが減速する状況だったのも向いたと思います。
 この結果を見ると、馬場が重くて相対的にどの馬も速い脚が仕えない条件の方が向いているのかな?とも思える部分はありますし、府中マイルのスピード競馬ではユニコーンで完敗を喫していて、追走力的にも今日の流れではまだ測り切れない部分はあるので、本番は扱いが悩ましいですね。今日は確かに外回して強かったですけど、馬場も特殊で人気馬が力を引き出せない流れなのは確かだったとは思います。

 2着のモルトベーネは、結局条件戦でもスローからの要所の加速で勝ち切った競馬がほとんどだったので、今日はロンスパ気味と言っても1段目で本格的には上がり切ってない流れで、そのペースアップも前々内目でじっくり待てた、というのががっちり嵌った印象ですね。
 正直ここまでスローなダート重賞はそんなに出くわさないので、この結果、着順だけを見て次は、とは言えないと思いますが、パターンに嵌ればこのクラスでもやれる力はある、という認識は持っておくべきでしょう。ショウナンあたりは典型的にスローに落としたい逃げ馬ですし、メンバー構成で噛み合う場合はあるかもしれません。

 3着メイショウウタゲはもっとビックリですけれど、まあこの枠から上手く最内まで潜り込んで3列目ポケットで直線、そこからショウナンとモルトがそれなりに動けてスペースも出来ちゃった、という部分で完璧に嵌ったのはあるでしょうね。
 4着ショウナンも上手く自分のペースに持ち込めたし、直線で加速する余力を残せるならしぶとい馬、元々冬の中山で強い馬でしたから今日の馬場も合っていたと見立てておくべきでしょう。

 ピオネロは評価が難しいですね。
 正直テン乗りでやや乗り急いだ感じはあったにせよ、この緩い流れでバテるのは?だし、これまでのダート戦績踏まえても要所で加速できない馬ではないので、これが実力ではないとは思います。
 やはり頓挫明けで出来が良くはなかったのか、或いはネオの仔なのでここまでタフなダート自体が合わなかったか(グレンもそうなので微妙なところですけど)、改めて軽めのダート戦で、主戦に戻って真価を問いたいところです。
 にしても今日の福永Jからの乗り変わり、平場は全部馬券圏内なのに、特別3つだけ派手に飛ぶとかなんなんでしょうね。。。

 アスカノロマンも複合的な敗因を見ていきたいところです。
 まず今日は、スタート時にゲートで暴れた馬がいて、ワンテンポ開くのが遅れた感はあり、一歩目で高脚気味に出てしまった感じはしていて、本来ここまでスター度ダッシュで見劣る馬ではないのに、というのがありました。
 実際チャンピオンズカップでは、12,7-10,7のテンの流れを競り合って入っていけているのに、今日は13,0-11,5と、馬場差はあれ1秒以上遅い流れについていけていないので、その時点で色々と歯車が狂っていた、とは言えます。
 馬体的にも+4kgはやや緩ませたかな?という感じはあり、その辺馬の覇気とかにも影響はあったのかもしれません。少なくとも本来の出足が仕えなかったことは間違いないですね。

 そしてその出の悪さが道中もずっと仇になり、前が早い地点でスローに落とし切る流れで前が壁になりブレーキ、そこからずっと誰かに外から被せられる格好で流れに乗る以外何も出来ず、4コーナーでもかなり窮屈に回らされての直線。
 一応入り口で1頭分のスペースはあり、動けるなら抜け出してきても不思議はないのですが、やはり勢いをつけられない状況でスッと加速するのは難しかったかじりじりとしか詰められず、最後は甘くなっての完敗、でした。
 去年の東海Sを見ても、スローでも勢いをつけられれば要所で加速できる馬ではあるはずなので、その辺もやや不満と言えば不満、しかしあそこまで徹底的にマークされるレースでは辛かったし、元々流れが速い中で一瞬の脚を使えるのが最大の持ち味なので、いい脚を差を詰めるのに使ってしまってはこうなる、と言えるでしょう。

 レース予想戦略としては、ややムラ駆けで、冬場の調整も難しい馬の調子を当てにし過ぎて、流れをアスカの支配で決め打ったのは視野が狭かったですね。うーん、とはいえ最低でも番手は取れると思っていたので仕方ないでしょう。

**★AJCC**

 馬場はほぼ想定通りで、けれど予想よりも外枠の馬の出足が良く、外主導の流れになったことで前半からペースが上がりましたね。
 最終的にクリールカイザーが逃げてのラップが4F-3F-4Fで47,7-36,0-48,2=2,11,9と、12秒を切ってくる高度計を演出する全く淀みのない逃げになりました。
 リアファルがパドックから気負ってる感じで、レースでも前進気勢を抑えきれずに絡んでいったことで、本来ラップを落としたい1~2コーナーで11,9-11,9と全く淀まず、その後もほぼ息を入れる地点なく進んでいるので、基本的には先行馬には苦しい、ある程度中団あたりからゆったり入ってロンスパ、という形で動けた馬に優位だったとは思います。

 勝ったタンタアレグリアは、全てが上手く嵌ったのもあるし、馬が確実に成長していたのもあると思います。
 スタート五分から早めにインを指向して、最終的に中団前目の最内といういいポジションを確保、しっかりスペースを置きつつ流れに乗って、4コーナーでもミライの仕掛けに追随する形でじわっと動きつつ本仕掛けを入り口まで待てる余裕がありました。
 直線入りでクリールが垂れたスペースを躊躇なくつくと、そこからしっかりバテずに脚を持続させて、ゼーヴィントの追撃を抑え切るという完璧な立ち回りで、こちらも嬉しい重賞初制覇を飾りました。

 コーナーで加速戦ではないから、そこまで外を回す不利はなかったにせよ、それでも4頭分外のゼーヴィントや、この流れをピタッと追撃していたミライに比べれば断然楽な競馬はしていて、後半の持久力戦は元々強い馬ですので、ここまでお膳立てが整えば、というところでしたでしょう。
 ただちょっと驚いたのは、この馬は若い頃はどうしても追走力に不安のあった馬で、2000m前後の距離でそれなりに流れると追走力で後半の持久力を削られている感があって、それもありこの距離では足りない、と軽視したのですが、その部分がしっかり解消されてきました。
 今日の流れをあの位置でついて行けたなら、今後も2000m近辺での重賞で、立ち回りひとつ、という競馬は出来るし、元々器用でポジショニングそのものは悪くない馬なので、今後の路線の選択の幅が広がるいい勝利だったと思います。

 2着のゼーヴィントも強い競馬でした。
 スタートはそれなりに積極的、けれど前が流れる気配を見てスッと下げてやはり中団で前を見る形、淡々とした流れを3コーナーからじわっと追撃して4コーナーでは4頭分ほど外、ただコーナー地点は12,2-11,8なのでそこまで大きなロスではなく、しっかり惰性をつけて直線に向きます。
 同じ脚で回ってきたルミナスを一瞬の切れで置き去りにしますが、しかしそこからがやはりややジリっぽく、インを完璧に立ち回ったタンタの持久力に屈しての惜しい2着、だったと思います。

 予想より走れた分は、個人的な印象だとスローロンスパでなく、平均ペースからのロンスパで、後半要素だけでなく前半の要素も均質に問われたことで、元々追走力は備えているこの馬にとっては追い風だったのかなと感じています。
 それでもやはりロンスパだとタンタクラス相手でも甘さを見せる、というのはあるので、これくらい流れてももう少し前受で仕掛けを待つ、という強気な競馬の方がより良さが出るかもしれません。いずれにせよ、今後の中距離路線で注目すべき一頭ですね。

 3着のミライヘノツバサも想定外に強かったですね。伊達に人気にはなっていませんでした。
 どうしてもこれまでの好走実績がドスローからのロンスパに偏っていたのはあって、こういうタイトな流れに自分から入っていってどうかは未知数だったのですけど、むしろこの方が強かった、とはっきり言っていいと思います。純粋に迎春Sから時計的にも詰めているし、別定戦でここまでやれたのは今後が楽しみになりますね。
 枠が良かったとはいえ、この流れにスッと無理なく入っていけるなら、2000mからなら距離の融通は効くと思うし、強気にポジションを取ってくれる内田Jとも手が合っていると思うので、ここから更なる躍進を期待したいです。こういう早めに仕掛けるタイプの先行馬がいるとレースが引き締まりますしね。

 4着ルミナスウォリアーは、ゼーヴィントとは逆にやや前半で急かされ過ぎる流れだった、というのはあると思います。
 その分直線で持ち味の切れと持続力をほぼ引き出せなかったし、ゼーヴィントより更に外、という大味な立ち回りは置いておいても、現状総合力勝負ではこれが実力通り、と見るべきでしょう。
 無論またゆったり入れる条件では見直せますし、これでも崩れていないのですから地力はつけているのは間違いないと思います。

 5着ワンアンドオンリーは、スタートから田辺Jがかなり押していたのですが前進気勢が薄く、外の馬も速くて結局中団と半端なポジションになってしまいました。
 そこから腹をくくってインベタ、直線もタンタの後ろからジリっと伸びてはいるけれど、そこから加速できる余力はないのでいつも通りの善戦止まり、というもどかしい結果になってしまいましたね。
 といって多分、宝塚を見ても今日の流れに先頭列で入っていたら追走力的に足りなかったとは思うし、もう流石に難しいですねぇ。今日でもかなり条件は揃っていたと思ったのですが、日経賞あたりで内枠を引いてスローに支配出来れば、くらいかなぁ、でもゴルアクがいる限り切れ負け必定ですしねぇ…………。

 ナスノセイカンも自分の脚は使っているし、流れるレースでこれだけ詰められたなら、適条件になればOP、或いは重賞でも勝ち切れるチャンスはある馬だと思います。エプソムCあたりで面白いかなぁと感じますね。
 リアファルはまあ今日はレース前に終わっていた感もあるけれど、加えてやはりこの馬もここまで追走力が試されるレースはしたことがなかったので、速い流れの中で持ち味を引き出せるタイプではない、金鯱賞もスローなればこそだった、と、評価自体を下方修正しておくべきでしょう。もう少し長い距離で、ゆったり単騎逃げが見込める条件でどうか、ちゃんと見てみたいところです。

 シングはこの流れではそもそもどうしようもなかったと思うし、バテたところでの接触、転倒は可哀想でしたね。
 ルメールJも今日だけで2回落馬と運に見放されている感がありましたし、一先ず立ち上がれていたので、人馬ともに大怪我ではない事を祈ります。
posted by clover at 04:18| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

2017 日経新春杯 レース回顧

 結果的に四日連続の開催となりました中央競馬。
 平日開催でも売り上げ的には盛況のようで、しかしやはり一方で、ローテーションの狂いから調子を崩す馬もいたりで、全体的に難しいレースが多かったと思います。
 京都の馬場も最初は重から途中でやや重、やはり基本的にパワータイプが台頭する馬場状態ではあったし、極端に後ろからではまず届かない、ポジショニングも問われるイメージでした。

 日経新春杯は予想通りにヤマカツライデンがスタートから手綱を扱いて一気に前へ、ただ思ったよりも全体的に隊列が長くならなかったな、という感じで、ピタッと番手でアドマイヤフライトが追走し、その3~4馬身後ろにマドリードと並んで有力馬のミッキーロケットが強気の先行策を選んだことで、全体の意識も前寄りにはなっていたと思います。
 レースの流れは4F-4F-4Fで47,8(11,95)-49,5(12,37)-48,4(12,10)=2,25,7(12,14)と、ほぼほぼ淀みのない綺麗な平均ペース。ハロンごとのラップでも、テンの3Fを除いての最遅が12,5、最速が11,8で波自体は少なく、相対的な追走力と位置取りの器用さ、馬場相応の持久力が総合的に求められたタフな競馬だったと思います。

 時計的にも紅梅Sがハイペースで1,22,4、最終もややスローでも速いラップは踏めずの2,01,3なので、レベルとしても水準には届いていると感じました。やはり改めて、四歳世代の層の厚さを浮き彫りにする結果でもありましたね。

 勝ったミッキーロケットはスタート良く自分のリズムでスッと四番手の外につける積極的な競馬を展開します。
 四角でも自分から前を捕まえに行く感じで、12,5-11,8とヤマカツ基準でやや緩んだところでしっかり順々に加速していく恰好で、直線入り口で一瞬の脚でシャケトラに前に出られるものの、残り200mからしぶとさを発揮、内からジリジリと差し返しての嬉しい初重賞制覇になりました。

 淡々と流れる中で、自身の1000m通過で1,00,7~8くらいなのでほぼフラットに走破している感じで、やはりこの距離での追走力の安定感と、そこからしっかり後半の持ち味を発揮できるのがこの馬の強みになっていきそうですね。
 斤量的にも2kg重くて、という中で、しっかりシャケトラを正攻法、最後は勝負根性で捻じ伏せた形ですし、レッドやカフジとの着差を見ても秋の力関係はそのまま、という感じで、タフな馬場での2400m路線では明確にサトノダイヤモンドに次ぐポジションを獲得した、と見做していいでしょう。高速馬場だとまた難しいですけれど。

 この馬は前半ゆったり入れれば、ある程度切れ味、瞬発力が問われても対応できるのは強みですし、ただ距離適性的に言えば、2000mで流れる競馬になると忙しい、ってのは出てくると思うので、この先の路線が難しいですね。大阪杯や、前半流れやすい宝塚記念はちょい短いかもしれない、でも春天は長い、というイメージがあるので、或いはこの馬こそ、確実にスローバランスになるドバイシーマが面白いかもしれません。
 それでも明らかに成長を見せているので、距離短縮でもやれる可能性はあるし、先が楽しみな馬ですね。

 2着のシャケトラも正攻法でミッキーをマークし、直線入り口では一旦先頭という堂々たる競馬、結果的にやや仕掛けが早かったのか、最後ミッキーに差し返されたものの、これはミッキーが強かっただけと言えるし、そのスケール感を遺憾なく発揮してきたと思います。
 やはり枠順変わって、隊列的に周りの馬が全部前に行ってくれて、壁を作りながらポジションを取りやすかったのはプラス材料だったし、ミッキーが前に行って馬群全体でタフな流れを追走、緩急のない底力とスタミナが問われる流れになったのも良かったのでしょう。後は高速馬場の加速戦でどれだけやれるか、そこをクリアしてくればGⅠを狙える馬に成長してくる可能性は大いにありますね。

 個人的にはひとつ前のジリ脚リッチー戦で(今日の最終も前を捉えきれずの伝統芸的な2着でしたね。。。)、加速地点で詰められなかったところに甘さを感じていて、後続馬群がもう少し離れて、実質的には直線入り口で切れ味を求められるとどうかな?と懸念していたわけですが、正直波の少ない流れとはいえミッキーより反応がいいくらいでしたからね。
 これは正直想定より1段階上の競馬をしてきたなと感じましたし、素直に甘く見てごめんなさいですね。

 3着モンドインテロはいかにもシュミノーJらしく、スタートして内枠の馬が揃って前に行ったのを見越して、スーッとインに潜り込んで中団待機で構えます。
 前も緩みが少なく、隊列が縮まらない中でプレッシャーの少ない位置を選び、坂の下りからやや外目に出して進出、4コーナーではシャケトラの外から馬体を合わせに行くものの、直線入り口の切れ味でもやや前の2頭に劣り、そこからの持久力でも多少見劣って、最後はレッドに際どく食い込まれるも、という、勝負に出たとは思うけど馬キャラのイメージを覆せない3着でした。

 でもこういう総合的な競馬になってくると、ポジショニングで後手を踏むスタミナ優位型はやはりしのげるのかな、というのは見せたし、自分より前で自身より持久力で優位に立つ馬が運んでいては、いくら上手く立ち回っても難しかった、という感じでしょう。
 今後も善戦はするでしょうが、重賞で勝ち切るには相手関係と展開の両方が嵌らないと難しいかもしれませんね。今日は馬場も流れも向いたし、騎乗も素晴らしかった、少なくとも予想段階で期待していたレース運びはしてくれたので満足です。

 4着レッドエルディストは五分には出るもののやはり行き脚は甘く、後方馬群でカフジを見るような競馬になります。
 道中も押し上げるタイミングがなく、流れのままに坂の下りから一番外を通しての進出はいかにも四位Jらしい大味な捌き、けれどしっかり加速扶助して直線を向けた分、入り口からそれなりに鋭さを見せてカフジの前に出て、そこからラストのポテンシャル、持久力でじわじわとモンドを追い詰めるものの、やはり前半のポジショニングの差が響いて恰好でした。

 この馬の面白いところは、後ろから長い脚を使う中でも、要所でもう一段意外と起用にギアを上げてくるところで、無論四位Jのスタイルがそういう足を引き出しやすい部分もありますが、こういう波のないラップ展開でだと、スッと動けないカフジよりは優位に立てるんだな、ってのは改めて認識できましたね。
 距離的にも2400mはベストで、一番いいのは良の高速馬場の2400mで平均に流れてくれる条件、まあ上位条件だと中々出揃わないとは思いますが、後ろからでも切れ味そのものはそこそこあるので、それなりに安定して圏内には食い込んでくるタイプ、でも勝ち切るにはかなり狭いスポットに嵌らないと、という印象です。

 5着カフジプリンスは、こちらも五分に出るものの内枠勢の行き脚がいい中で、そこに食らいつけずに一列後ろでの待機策、道中もある程度促しながらの追走でズブさを見せており、残り1000mからの坂の上りでもやや置いていかれる感じで後方馬群のすぐ手前、そこから下りの扶助である程度追撃はしてくるもののやはりジリジリとしか動けず、直線でもスッとレッドに前に出られたまま、最後は無理せずに流すような感じで5着と煮え切らない結果でした。

 このタイプはやはり難しいんですが、スピードに乗せる意識をどこで持つか、ってところで、直線で切れ負けするのは必定なので、ある程度向こう正面でポジショニングを押し上げるくらいの思い切りがないと、トップクラス相手では足りない、って結果が増えそうですよね。
 また、こんな風に一貫ペースだと追走力でもやや足りない感じもあり、ベストは前半スローからのロングスパート戦になってくるはずで、その1段目の仕掛けを自分から作れる胆力のある騎手がベスト、となるかなとは思います。
 今日もこの競馬でまだ出し切っている感覚はないので、タフな競馬になりやすい阪神3000mは是非使ってほしい馬ですね。プチゴールドシップみたいな競馬をして欲しいです。

 6着ヤマカツライデンは注文通りの逃げで、ラップ的には決してオーバーペースではないのですが、やはり今日はぴったり背後にアドマイヤフライトがついてきて、道中のどこでも息を入れるタイミングが持てなかったのは苦しかったと思いますし、緩急をつけて後続を幻惑する中での一脚の鋭さを引き出させてもらえなかったなと感じます。
 まあこういうのは逃げ馬の宿命ですし、馬場的に後ろからでは届かない、というイメージが強くあった中で、有力馬がしっかりポジションを意識する競馬をしてきたところでも、地力ではまだ一段劣るこの馬では、って事でしょう。
 あとやはり二日空いての開催で+14kgってのは、元々重かったのか、それともこの二日の調整が上手くいかなかったのか微妙なところですが、多少は最後の粘りに影響はあったのかなとも思いますね。

 ともあれ、改めて競馬は難しく、それを読み解くのが楽しいと思わせてくれる中で、こうして回顧をしっかり積み重ねていく事で、陳腐で安直な視座に陥らないように精進していきたいと思います。
 
posted by clover at 04:18| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017 京成杯 レース回顧

 今日は結局雪の影響で早々中京は中止決定、京都は直前まで開催を模索していたものの結局中止で、それぞれ月曜・火曜に代替開催らしいですね。
 京都は出馬投票からやり直すらしいので、メンバー構成や枠順などがガラッと入れ替わって、二日空く事も含めて色々と難しいレースになりそうです。こういう場合海外じゃないですけど普通に出馬投票せずに出走回避、という選択もアリなんでしょうけど、その辺どうなるでしょうか?
 日経新春杯に関しては、枠順が確定したら簡易的に予想は掲載したいと思います。

 中山は逆に猛烈な寒さの中でも好天に恵まれ、寒さを吹き飛ばす熱戦が繰り広げられました。
 そんな中での京成杯は、馬場的には昨日よりは少し軽いかな?と感じるところもあったのですが、結果的にかなり時計を要するレースになったし、その割に色々とあれ?と感じるところも多かったと思います。
 外枠勢がスタートから勢いよく前を主張して、結局メリオラが逃げてベストリゾートが番手につけるちょっと意外な展開、内からはイブキとポポカテが2列目を確保するものの、やはり基本内枠の馬は隊列が軒並み一列後ろになって難しさはあったかな、と感じました。

 ラップは3F-4F-3Fで36,9(12,3)-49,3(12,43)-36,3(12.1)=2,02,5(12,21)となり、3分割で見ればほぼラップの波のない淡々とした流れ、5F-5Fでだと61,6-60,9でギリギリスローの範疇かな?くらいではあり、まあ概ねどの位置からでも力は引き出しやすい展開ではあったと思います。
 ただその割に先行、イン狙いの馬が全滅して外差し決着になったのは、ひとつ前のニューイヤーSが46,7-46,8と綺麗な平均ペースで先行・内差し決着だったことを鑑みると多少違和感はあって、やはりこの時期の若駒は、ポジショニングも大切だけど、それ以上に自分のリズムを守るのも大切だなぁと思わせる結果だったと感じます。

 勝ったコマノインパルスは五分のスタートから馬任せで中団やや後ろ、最初から外目を意識して、向こう正面からじわっと動き始める積極的な競馬、コーナーでも5~6頭分外を回しつつもスピード負けせずに、しっかり遠心力を乗せて直線に向き、スッと一脚を引き出して一気に先頭に立ちます。
 そこから坂でもしっかり踏ん張り、外からガンサリュートに追撃を受けるも余裕を持って退けるという、このメンバーでは力がちょっと抜けていたかな、という勝ち方ではありました。

 内の馬が窮屈になったのはこの馬が内に寄せてきたから、というパトロールが出ていましたが、元々インは密集していた上に、前にいたメリオラ、ベスト、イブキ当たりの手応えがどれも悪くてフラフラしていたから、最後の決定打になったのがこれ、というだけで特に問題はないでしょう。
 実際その煽りでポポカテが首を上げ、連鎖的にその後ろのサーベラも、という形ですけど、このあたりは今日はどうあれ、あの死にポジションに嵌ってしまった時点で詰み、という感じでしたし、結果的にこのあたりの馬はもう少し伸び伸び走れる枠の方が良かったのかな、と感じました。

 ともかく、確かに今日のコマノは完勝でしたが、ラップ的に自身ラストはやはり落としてはいるし、相手関係にも大いに恵まれたところはあるので、強い所と当たると今のままでは厳しいかな、とは思います。
 やはり要所で器用に上げ下げできる脚があるので、それを生かす戦法、位置取りをしっかり出来るような成長が欲しいですね。

 ガンサリュートは、自分より外の馬が一気に押し出していく中でやや立ち遅れて中団より後ろ、結果的にコマノをマークするような形で同じところを通して直線、一瞬の切れでコマノにスッと離されるものの坂下から食らいついてしぶとく足を伸ばし、クビまで詰めての2着、でした。
 先行こそ出来なかったけど、やはり競馬に行って流れに沿うセンスは高いし、勝ち馬をマークして追いかける形でも最後までやれていたので、相手関係はあるにせよやはり地力はあるなと思いましたね。ただ後半の脚では限界がありそうでもあるので、今後は流れる競馬の中でポジショニングの良さを生かしてどこまで太刀打ちできるか、でしょう。
 ダノンシャンティの仔ですけど、距離は2000mでも大丈夫に思えたし、今後も堅実な走りが期待できるのではないでしょうか。

 マイネルスフェーンはスタートは五分に出るもやはり二の脚が甘く、明確に立ち上がったサーベラージュにも外から交わされて序盤は4列目のインとやはり苦しい位置取りになります。
 その位置からじっと動かずに4コーナーに入り、けど前の手応えが怪しいのを見て進路を外に求めるものの、中々スムーズに進路確保できずに多少待たされるロス、それでも前が空いてからはしっかり持久力を感じさせる末脚で肉薄するものの時すでに遅し、という格好の3着でした。
 個人的には展開はこうなるだろう、って形そのままでしたし、その中でよく圏内まで食い込んできたなと思います。結果的に内から足を伸ばしたい馬が、潰れる馬に被せられてどうにもならなかった部分で、結果的に仕掛け遅れでも外差しの方が優位だった、というのはあるでしょうし、前走よりも更にタフなコンディションで、緩急がつかない展開だったのも向いたのでしょう。

 結局要所で自分から動ける脚があまりないタイプなのは違いなく、今後全体のレースレベルが上がる中でどうしたって後手を踏むシーンが増えそうな馬ではあり、特に高速馬場だとかなり疑問符はつくとは思いますね。でも距離延長は全く苦にしないと思うので、その辺りで活路を見出したい馬ではないでしょうか。

 昨日の予想では紙幅の関係で触れませんでしたが、ポポカテに関してはマウントロブソンの全弟、という事で、前半要素を引き出して良さが出る可能性は確かにあって、その意味でこの流れで先行できたこと自体は光明だと思います。
 ただやっぱり要所で自分から器用に加速できないのは500万負けと同じメカニズムで、もう少しばらける展開か、外から自分で動く競馬がしたいですね。結果的に不利を受けてますけど、直線入り口でスッと動ける脚があれば自分が進路確保できていた、くらいの余地はあったと思いますし、常に早め早めの仕掛けの意識、コースロスよりブレーキングのロスを重視するタイプの騎手が合う馬だとは思います。

 サーベラージュも立ち遅れからリカバーの意識があったのはいいんですが、結局前にいたイブキが全く動けずにいたし、そこからどこへ行っても前が壁、という状況、挙句最後は不利を受けて立ち上がったポポカテのラインに自分から寄っていくって、なんか昨年秋のビックアーサーを思い出しました。。。
 正直これだと、脚があったのかどうかもわからないのでなんともですし、改めて自己条件からでしょう。セントポーリア賞あたりでしっかり競馬して欲しいところです。

 メリオラはペース的にはもっと粘れていいはずなんですけどねー、やはり一際小柄な馬で、年末年始で二度の輸送というローテが厳しかったのか、先行策自体はいいにしても大分気負った感じはありました。それとやはり引き付けて動けるタイプでもなさそうなので、もう少しコーナーから分散して足を使いたいタイプかなと改めて思いましたね。
 
posted by clover at 04:18| Comment(0) | レース回顧・中央競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする